石川県のにしだ昭二を全国へ

にしだ昭二の石川県での活動を紹介します。

にしだ昭二 県政通信 No.21号 2017年夏

印刷用PDF(1.99MByte)

皆様こんにちは、石川県議会議員の西田昭二です。
今議会で県民の皆様のお支えのもと、県議会在職10年の永年勤続表彰を賜ることが出来ました。これもひとえに、地域の皆様方をはじめ、議員の諸先輩方や県執行の皆様のご指導の賜物と感謝申し上げるところでございます。
私も大学を卒業してふるさと石川に戻り、瓦代議士のもとで10年余り、政治の勉強をさせていただき、その後、七尾市議会議員として3期5年半、石川県議会議員として3期10年の節目を迎え、振り返ると四半世紀にわたり、政治の道を歩んでくることが出来ました。これからも、人の痛みがわかる議員として、ふるさと能登石川の発展のために誠心誠意取り組んでまいりたいと思っております。引き続き、皆様には、今後とも、応援よろしくお願い申し上げます。

にしだ昭二 県政通信 No.20号 2017年新春号

印刷用PDF(1.87MByte)

皆さん、新年明けましておめでとうございます。石川県議会議員の西田昭二です。昨年は皆様方のお支えのお陰をもちまして石川県議会副議長の重責を全うすることが出来、誠にありがとうございました。その後、自民党石川県支部連合会幹事長代理を拝命し、県連五役の立場として引続き忙しい日々を過ごしております。昨年は多くの出来事がありましたが、7月の参議院議員選挙や10月の七尾市長選挙には皆様方の温かいご支援ご協力を賜り心から感謝を申し上げるところでございます。特に師走に入ってからの大きな喜びでした青柏祭・でか山のユネスコ無形文化遺産登録の決定は、石川県にとって、あえのことに引続き、能登七尾の伝統文化が大きく世界に羽ばたいたことと思っております。これからも能登の宝が石川の発展のために大きく輝いていくように全力で取り組む所存でございますので今後ともよろしくお願いいたします。最後に今年一年の皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げご挨拶と致します。

にしだ昭二 県政通信 No.19号 2016年4月特別号

印刷用PDF(1.42MByte)

皆様こんにちは石川県議会議員の西田昭二です。この度、第108代石川県議会副議長を無事退任する運びとなりました。今まで温かくお支えいただきました皆様に心から感謝と敬意を申し上げる所でございます。これからも「能登の発展無くして石川の発展なし」との思いで全力で取り組んでいく所存ですので更なる皆様のご支援ご協力をよろしくお願いします。

にしだ昭二 県政通信 No.18号 2016年新年号

印刷用PDF(2.53MByte)

新年明けましておめでとうございます、石川県議会議員の西田昭二です。
昨年は、皆様の大変なご支援を頂き、3度目の改選を無事無投票当選で乗り越える事が出来ました事に心から感謝申し上げるところでございます。
また5月の臨時議会において中村議長と共に大変名誉ある第108代石川県議会副議長を拝命し、就任以来3回目の議会である12月定例会も中村議長と共に終える事が出来、心身ともに充実した日々を過ごす事が出来ました。今年は北陸新幹線金沢開業2年目を迎える年でありますので、引き続き、新幹線効果を県内全域に波及できるように取組んで参りたいと思いますし、特に能登の振興発展の為に全力で邁進していく所存でありますので、皆様方の今後益々のご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

にしだ昭二 県政通信 No.17号 2015年盛夏号

印刷用PDF(2.45MByte)

皆さん、こんにちは、石川県議会議員の西田昭二です。今年の4月には皆さん方に大変大きなお支えをいただき、無事、3度目の選挙を無投票で当選することができました。心から感謝を申し上げるところでございます。また、石川県議会において第108代目の副議長の職を拝命することが出来、身に余る光栄であります。今後とも中村議長を支えながら県勢発展のため、務めてまいりたいと思っております。今春には、県民の願いでありました北陸新幹線金沢開業や能越自動車道開通、NHK連ドラ『まれ』の放映で、能登にも多くの人達が訪れ大変な賑わいでありますが、この盛り上がりを一過性に終わらさせること無く、継続できるよう関係の皆さんと協力をしていきたいと思っております。これからも皆さんの温かいご支援ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

にしだ昭二 県政通信 No.16号 2015年初春号

印刷用PDF(2.15MByte)

新年明けましておめでとうございます。
石川県議会議員の西田昭二です。
昨年の12月には、突然の衆議院の解散総選挙において結果的には自民党の圧勝に終わった選挙でありましたが、今年は、アベノミクスの経済政策が3年目にあたり本当の意味で結果を残せるかが、大きな課題だと思っておりますし地方再生を旗頭に地域の生き残りをかけた本当の戦いが始まろうとしております。いよいよ北陸新幹線の開業や能越道自動車道の開通によって能登地域に対する誘客促進が期待をされる訳でありますが、干支の未の文字の様に「未来」につながるよう全力で応援して参る所存でありますので、今後とも皆様方の暖かいご支援ご協力をお願い申し上げご挨拶といたします。

にしだ昭二 県政通信 2014年秋号

印刷用PDF(4.51MByte)

北陸新幹線金沢開業に伴う能登の二次交通について【平成26年9月議会にて】

《質問趣旨》 のと鉄道とJR 両方の観光列車を乗り継ぐツアーやのと鉄道区間へのJRの観光列車の乗り入れなど活用方法の工夫が必要だと思うがどうか。

《知事答弁》二次交通について先般、JR 西日本から七尾線に観光列車を導入するという表明を戴いた。この列車は、「和と美」をコンセプトに来年10 月運行が開始される。また、七尾線は二つの観光列車が楽しめる非常に魅力的な路線。相乗効果を最大限に発揮させていくことが大切である。JR 観光列車はディーゼル列車であるため、例えばイベント列車など臨時列車として、穴水まで運行することも有効な活用策だと考えており、今後JR 西日本に対し働きかけていきたいと考えている。

にしだ昭二 県政通信 2014年夏号

印刷用PDF(2.57MByte)

こんにちは、県議会議員の西田昭二です。
昨年の参議院選挙に引き続き、今年2月の知事選挙でも皆様にご協力いただき、6期目の谷本県政がスタートしたわけであります。私も、現在今期2度目の県議会環境農林建設委員長として、県下の諸問題について取り組んでいるところでありますが、来年には北陸新幹線や能越自動車道の完成により、首都圏や中京圏からの多くの観光客が来ていただけると期待されている中であります。能登・七尾の活力に繋がるよう地域のおもてなしの充実のためにも県政のパイプ役として、全力で取り組んでまいりたいと思っております。今後とも皆様の温かいご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

にしだ昭二 県政通信 2014年初春号

印刷用PDF(1.50MByte)

皆様新年明けましておめでとうございます。県議会議員の西田昭二です。
アベノミクス効果で、少しずつ政治経済が安定し、株価や円相場も上向き加減を見せ始め、全国的に景気の浮揚に包まれているところであります。しかし、まだ地方においてはその波に乗り切れていないところではあります。
そんな中で昨年末、自民党県連において今春に行われる知事選挙の候補の擁立に向けての騒ぎがありましたが、賛否は別として選挙も一つの選択肢かもしれませんが、今大切なのは混乱を回避してでも、政治が安定して、まだまだ厳しい状況を脱するための施策を一刻も早く打ち出して欲しいと市民を始め県民の皆様が期待をしていると思っております。
これから北陸新幹線や能越自動車道の完成によって、この地域が新たな能登の玄関口として多くの観光客が来ていただけると期待される中でありますが、七尾市のおもてなしが地域の活力に繋がるよう全力で取り組んでまいりたいと思っておりますので、皆様方の温かいご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

にしだ昭二 県政通信 2013年初秋号

印刷用PDF(1.89MByte)

皆さん、こんにちは県議会議員の西田昭二です。昨年暮れの衆議院解散総選挙に続き、今年の7月の参議院議員選挙に於いても自・公の圧勝で終わった選挙でありました。経済安定や外交問題、TPP、憲法改正など多くの難題が山積し、政治のねじれの解消を訴えた戦いでありました。国民は今一度、自民党にチャンスを与えていただいた訳であります。今後は先の轍は踏まず、国民目線で将来を見据えた政治の舵取りを期待するところであります。しかしながら今年1月、私の政治の師でありました瓦力先生が天国に旅立たれた訳であります。瓦先生は能登をこよなく愛し、郷土の振興と発展に尽力され多くの方々に親しまれていました。今後は天国から能登の行く末を見守っていただきたいと思っております。現在、私は、県議会において商工労働公安委員会の委員長を拝命し忙しい日々を送らさせていただいております。今後とも与えられた職責を全うし、七尾市、石川県の振興と発展に全力で取り組んで参りたいと思っておりますので、皆様方のご支援ご協力をお願いをさせていただきご挨拶と致します。

にしだ昭二 県政通信 2013年初春号

印刷用PDF(1.36MByte)

皆さん新年明けましておめでとうございます
県議会議員の西田昭二です。
昨年の師走は、突然の解散で日本中が選挙一色でありましたが、結局は自・公の圧勝で終わった選挙でありました。前政権の評価が招いた結果とはいえ、今後は、大勝におごらず、目先にとらわれることなく、まだまだ厳しい不況状態を脱するための経済政策を一刻も早く打ち出し、先を見据えた政治の舵取りを期待するところであります。七尾市においても、不嶋新市長が就任したわけでありますが、前任の武元前市長に引き続き、全力を挙げて県政の『パイプ役』として不嶋市政を支えて参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

にしだ昭二 県政通信 2012年秋号

印刷用PDF(1.54MByte)

ごあいさつ
今年の夏も大変な猛暑でありましたが、ひと雨ごとに残暑が和らぎつつある中、いかがお過ごしでしょうか。こんにちは!県議会議員の西田昭二です。
政権交代で国民から大変大きな期待を受けた現政権も今や逆に大きな失望に変わったところであります。年内にも解散総選挙が叫ばれる中ではありますが、是非とも次の政権には、目先にとらわれる事なく、先を見据えた政治の舵取りを願うものであります。2度目の改選から早や1年が過ぎ去り、日々、職責の重さを感じているところではありますが、今後とも、私自身も市民や県民の付託に答えるべく全力で頑張る所存でありますので、よろしくお願いいたします。

にしだ昭二 県政通信 2012年初春号

印刷用PDF(1.29MByte)

謹賀新年
年初めも積雪も少なく例年になく穏やかな日が続いていますが、如何お過ごしでしょうか。こんにちは!県議会議員の西田昭二です。昨年は、皆様のお蔭をもちまして、無事二期目を迎えることが出来ました。私にとって今年は市議・県議として丸10年、この間に通算5回の審判があり、また、瓦先生の秘書としての経験も併せると政治に携わって20年目の節目の年となり、振り返ればあっという間の歳月であります。今年の干支は辰であり、いわれの1つとして将来が明るくあらゆるものが奮い辰(?)、縁起のよい年の象徴と言われており、私自身も現状に甘んじることなく、あらためて自らを奮い立たせながら、今後も微力ながら努力を重ね、七尾市、石川県の振興と発展のため頑張る所存ありますので、本年もよろしくお願いします。

にしだ昭二 県政通信 2011年初秋号

印刷用PDF(1.23MByte)

ごあいさつ
今年は梅雨明けも早く昨年以上に猛暑日か続いていますが、如何お過ごしでしょうか。こんにちは!県議会議員の西田昭二です。皆様のお蔭をもちまして無事二期目を迎えることが出来ました。厚生文教委員長として今任期の初議会である6月の県議会を終え、今まで以上に責任も重くなり身の引き締まる思いであります。現在は、委員会等の視察が入ったり、研修会や勉強会の開催、夏祭りのイベントや文化・芸術に関する催し物なども多く日程が立て込む時期でもあります。加えて地域からの要望や陳情、相談等もいつも通りで対応に追われる毎日です。こうした日々の活動の積み重ねは自らを磨く機会であると考えております。今後も微力ながら努力を重ね、七尾市の振興・発展のため頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いします。