岸田総理、能登食祭市場へ視察

岸田総理と共に和倉温泉での街頭演説会を終え、能登食祭市場へ視察に同行です。香島津小田代表の案内で各店舗で状況を聞き、試食(カニカマ、柚餅子、なまこ)など地場の特産品を味わいました。
香島津小田代表からは「コロナで打撃を受けている中で、総理として初めて七尾へ視察に来て、実情を聞いてもらい大変うれしい」と語り、周りからのフラッシュや掛け声で大変な賑わいでした。
この後、岸田総理には準備作業中のでか山の視察や七尾の寿司で昼食で味わって頂きました。七尾市の伝統芸能や食文化に触れ、特に「すし王国七尾」の代表であるトリ貝や赤にし貝など「ネタの種類や味わいが全く違う」と驚き、「大変美味しい」と感想を述べられました。
岸田総理には能登への訪問に感謝と日々の激務の中で、この能登への訪問が少しでも癒しになり、明日への活力に繋がる事を願います。