宏池会研修会が3年ぶりに開催。

宏池会研修会が3年ぶりに開催。岸田総理より、「昨年の総裁選挙で決意をした信頼と共感の政治に立ち戻り、宏池会が先頭に立って信頼回復に取り組みたい」と結束を訴えました。
研修会では三部構成の講演会で・第一部では国立感染研究所 脇田所長より「新型コロナウイルス感染症のこれまでの評価と今後の見通し」について
・第二部ではジャーナリスト後藤謙次氏より「保守本流と宏池会」について
・第三部では日本の経営コンサルタント冨山和彦氏より目指すべき「資本主義(経営システム)の新しさ」とは?についてご講演頂き、4時間集中の研修会でした。